ブライダルベールの選び方

weddingveil

ブライダルベールは
挙式には絶対に欠かせないアイテムです。

ブライダルアクセサリーをつけていなくても
ただベールを身に纏うだけで
一気にthe・花嫁!になれちゃいますよね。

そんな花嫁姿の中でも重要なパーツだからこそ
ベールのつける位置や、長さ、デザインによって
ガラリと雰囲気が変わってしまいます。

少し選ぶのが難しいと感じるかもしれませんが、
ベール選びのポイントさえしっかりと抑えれば簡単です♪

また、ブルージュはブライダルドレス作りを極めてきました。
そんなブルージュだからこそアドバイスできるポイントも御座います。
是非ベール選びに迷っている方は続きをお読みくださいね。

まず、基本となるベールをご紹介します。

まずは大まかに区分すると
通常のベールとマリアベールが御座います。
通常のベールはギャザーが入っているコーム付きのタイプで
ティアラや髪飾りなどとよく合わせられている一般的によく選ばれるベールです。


こちらのベール詳細

————————————————————————

一方マリアベールは、聖母マリアをイメージした
ベールをかぶるタイプで、切り返しが無く
お顔周りにレースの縁がくるため
幅広レースをとても美しくみせることができ
とっても気品溢れる花嫁姿を演出できるため
荘厳な教会シーンなどでよく選ばれております。


こちらのマリアベール詳細

しかしマリアベールは元々、花嫁のお顔が見えるベールのため
バージンロード入場前のお母様によるベールダウンや
新郎様によるベールアップが出来ません。

また、ドレスはデコルテ部分に特徴的なデザインがあったり
華やかなフリルやモチーフがあるものの場合は避けた方が無難です。
なぜならマリアベールはお顔周りから体に沿うようにデザインされた
ベールのため、華やかな装飾やレース付きのドレスに
マリアベールを合わせてしまうとごちゃごちゃとした印象になってしまい、
どちらのよさも打ち消してしまう可能性が高くなってしまうからです。

また、髪飾りなども大ぶりで立体感のある主張するタイプですと
マリアベール本来の美しさが発揮できないかもしれません。

マリアベールをお選びになる際は、
ドレス選びの前にまず一番にマリアベールをお決めになり
「マリアベールの美しさを引き立ててくれる」
そんなドレスやヘアアクセサリーをゆっくりと
お探しになると満足のゆく花嫁スタイルを作ることが出来るでしょう。

————————————————————————————-

一方一般的に選ばれるギャザーつきの通常ベールは
マリアベールに比べて比較的自由度が高く
個性を発揮することができます。
もちろん、ベールダウン・アップが出来ます。

第一に、選ぶポイントは長さです。

まずはブルージュでご用意しているベールの長さを挙げてみます。

<ベリーショート>
ベールは短くなればなるほどキュート感が増します。
とってもカジュアルなのでレストランウエディングや
ガーデンウエディング、二次会、フォトウエディングまで
幅広いシーンで着用することが出来ます。
可愛くてキュートな花嫁を目指したいなら是非オススメの長さです!
ベールを付けるというよりもヘッドアクセサリーの感覚で
気軽につけることができるのでカジュアルなコサージュや
髪飾りなどと互いのバランスを見ながら
一緒にお選びになられると失敗しないでしょう。

——————————————————————————–

<腰丈サイズ>
腰丈は前50cm、後ろ70cmのサイズ。
すっきり感があり、カジュアルすぎないキュート感を
アピールできます。後姿のウエストラインのリボンや
装飾などを目立たせたいならこちらのサイズがオススメ。
また、リゾート地の強風が気になるウエディングにも◎
海外ロケーション撮影ではベールは短いほうが美しく引き立ちます。

——————————————————————————–

<ヒップ丈>
ヒップ丈は前60cm、後ろ100cmのサイズ。
美しく見えるショート丈で、お尻がすっぽりと隠れるため
ウエスト付近の装飾をシンプルなものにすれば
ベールに邪魔されることがありません。
ベールトレーンの裾部分の装飾を美しく見せたい!
ヒップ部分を隠したい!
そんな花嫁様にオススメの長さです。

——————————————————————————–

<ミドル丈>
ミドル丈は前60cm、後ろ140cmのサイズ。
ベールの裾が床につかないちょうどドレス全体を包む長さです。
シンプルなプレーンのドレスにレースなどの装飾が華やかな
ベールを合わせることで一体感が生まれ、プレーンのドレスが
まるでレースが施されたドレスのように美しく見せることができます。
ドレスとベールの組み合わせ次第で、驚くほど美しい
花嫁スタイルを表現することが出来ます。

——————————————————————————–

<セミロング丈>
セミロング丈は前60cm、後ろ200cmのサイズ。
ほんの少し床を引きずるタイプです。
あまり仰々しいのは好まない花嫁様が選ぶ長さです。
レストランウエディングやガーデンウエディングなど
あまり長くベールは引けないけれどロングベールの雰囲気を
味わいたいならこちらの長さがオススメ。
大人っぽくクールなスレンダー系ドレスとの相性が良いです。

——————————————————————————–

<ロング丈>
ロング丈は前60cm、後ろ300cmのサイズ。
ベールと聞いて真っ先に思い浮かぶのがこちらのロング丈。
しっかりとベールを引きたいならこちらのサイズがおすすめ!
一番人気があります。また、ドレスのトレーンよりも
ベールの長さが長いものを選ぶと美しく見えます。
ロング丈は3mの長さなので特別ドレスのトレーンが長くない限り
ほとんどの長さのドレスに合います。

——————————————————————————–

<ベリーロング丈>
ベリーロング丈は前60cm、後ろ400cmのサイズ。
ベールは長く引けば引くほど高貴な印象になります。
古くは英国王妃ダイアナ妃がそうであったように・・・。
長いベールを引くのは女性の憧れですよね。
4mのロングベールですと周りを圧巻してくれます。
ロイアヤルウエディングのような高貴な雰囲気にしたいなら
こちらのサイズがオススメです!

——————————————————————————–

次に、ベールの付け位置です。
付け位置は基本的に3タイプ御座います。

まず、トップの付け位置からご紹介します。
こちらはトップにつけることでギャザーの
ふんわり感が強調されますのでキュート感がアピールできます。
高さのあるティアラなどとの相性抜群な付け位置です。


こちらのベール詳細

——————————————————————————–

次に、真ん中の付け位置です。
ギャザーのボリュームが後ろめに来るので前から見ると
すっきりとした印象になります。髪飾りなどをアピールするなら
こちらの付け位置がオススメです。高めのシニヨンの位置に
ベールを付けるとバランスのよい花嫁スタイルになります。

ベールダウンした場合

ベールアップした場合

こちらのベール詳細

——————————————————————————–

最後に低めの付け位置です。
こちらは後ろめに髪飾りを付けたい花嫁様や
しっかりと髪型をアピールしたい方にオススメです!
とってもオシャレですがベールアップは難しいです。
ですのでガーデンウエディングやレストランウエディング、
披露宴、リゾートウエディング、フォトウエディングなど
少しカジュアルダウンしたシーンで是非トライしてみてください!

——————————————————————————–

さて次に、ベールのデザインです。
美しく気品溢れる花嫁スタイルにしたいなら
王道のレースベールがオススメです。
レースベールはとっても美しい花嫁姿を演出してくれます。
ベールといえばレースを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

また、幅広レースベールをお選びになる際はなるべくドレスは
装飾の少なめなシンプルなものがバランスよく付けられます。

——————————————————————————–

クールな印象の花嫁スタイルにしたいなら
サテンパイピングのベールがオススメです。
サテンパイピングとはベールのふちにサテンが施されている
ベールのことを指します。メリハリのある雰囲気になります。
モード系スタイルが大好きな花嫁様にぴったりです。


こちらのベール詳細

——————————————————————————–

周りと差をつけたい花嫁様におすすめなベールも御座います。
ベールといえばレースやサテンパイピングなどを
思い浮かべる方が多いと思いますが
実はブルージュには周りと差を付けられる
とってもオシャレなベールをご用意しております。

まずは、こちら。
なんとローズ(布製)の花びらを散らしたとってもエレガントなベールです。
愛らしいラプンツェルヘアなどと合わせてとってもスイートな
印象の花嫁スタイルに仕上げでみては?
また、カジュアルな印象にしたいなら短めの丈をお選びください。


こちらのベール詳細

——————————————————————————–

こちらは縁にパールビーズを施したベールです。
シンプルながらもパールビーズが上品な印象に。
パール系の髪飾りと合わせてお嬢様スタイルに仕上げるのも◎


こちらのベール詳細

——————————————————————————–

最後にベールのチュール選びです。
ブルージュには2タイプのチュールをご用意しております。
ふんわり、しっとり。

まずご紹介するのは一般的に流通している日本製のハリのあるチュールです。
こちらは、ふんわりトップのギャザーにボリュームを出したい方や
ベールの立体感をしっかりとアピールしたい方にオススメです。
チュールにハリがあるのでボリューム感が出て、
華やかさやキュート感がグッと増します。
ベールの長さが短ければ短いほど、
日本製チュールのハリ感のよさがアピールできます。

次にご紹介するのはしっとりとしたイタリア製ソフトチュールです。
こちらは体に沿うようにとってもしなやかで、やわらかく
ギャザーやベールのボリュームを全体的にダウンすることで
しっとりとした大人雰囲気に仕上げています。
触れるだけでとっても癒されるやわらかさでずっと付けていたくなる
そんなベールです。また、チュールの網目が細かいので
色味が出やすく、日本製チュールに比べて少し色が濃くなる傾向にあります。

いかがだったでしょうか?
こちらの記事が皆様のご参考となりましたら幸いです。

ブルージュのオンラインショップはこちら>>>